[Concert]PRESS START Symphony of Games 2006

ファミ通主催のゲーム音楽コンサート、『PRESS START Symphony of Games 2006@渋谷Bunkamuraオーチャードホールに行ってきました。海外では昨今ゲーム音楽のオーケストラコンサート(しかもほとんど日本の曲!)が開催されているのですが、日本では90年代以降こういった催しものがない状況で、これを憂いている我らがノビヨこと植松伸夫さん、ソラの桜井正博さん、ステラビスタの野島一成さん、作曲家の酒井省吾さん、指揮者の竹本泰蔵さんが中心になって企画したものです。

司会は声優をされているという田中理恵さんと、第一部は桜井さん、第二部は植松さん。桜井さんは(おいらと一緒で)ゲームショー帰りでお疲れモード :embarrassed: 。植松さんは曲ごとに話したいエピソードがたくさんあったようで、進行のカンペを無視して暴走。田中さんは相当ゲームをされているようで、ひたすらゲームへの愛情を吐露する、というぐだぐだなやりたいほうだいな展開。ちゃんと事前の打ち合わせあったんですか~!?まぁ、面白かったからいいけどね(いいのか)。

20年以上の歴史のある日本のゲームから曲を選んでいる、ということで結構選曲も難しかったようですね。実際、遊んでないゲームからの演奏も結構あったりして…えーとですね、ポポロクロイスでうとうとして、せっかくのMOTHERメドレーで寝落ちしましたorz

コンサートとしては、やっぱり遊んだことのあるゲームの曲中心がいいなぁと思うので、FFコンサートでいいかな、と思ってしまいましたが、こういうコンサートでないと日の目が当たらない曲もどうしても出てきてしまいますよね。昔よくあったゲーム雑誌にいろんなゲームの音楽が入ったCDとかがついてましたが、ああいうのでもいいと思うんだけどなぁ(オーケストラは無理だけど)。

コンサート終了後、企画者の5人が外でファンと交流の時間を作ってくださったので、ノビヨ師匠のサインもらっちゃいました~ :syakin:

ノビヨ師匠のサイン入りPRESS STARTパンフレット
2 flickr

関連記事:ファミ通→ゲームメーカーの垣根を超えたゲーム音楽のオーケストラコンサート開催

[Live] 清田愛未×伊藤賢治コラボレーションライブ

渋谷公園通りクラシックスイトケンさんこと、伊藤賢治さんの音楽を初めて聴いたのはゲームボーイのサ・ガ2秘法伝説。それ以来ずっとイトケンさんのちょっと物悲しいメロディに魅了されています。

清田愛未さんのマンスリーライブにイトケンさんがゲスト出演されると聞いて、さっくりチケットを予約したのが半月前。イトケン節を聞きに全国(広島!?山形!?)からファンの方が集まる中、わずか15分かけてはるばる渋谷まで遠征してきました。

最初にイトケンさんの新しいCD『Everlasting Melodies』の中から3曲、Time Passed Me By、Ssayonara、Gentle Windを演奏、その後に清田さんに書き下ろした新曲、アンコールに聖剣伝説からRising Sun ((会場のスライドではRiging Sunになってましたが…))。

Gentle Windはとくにそうですが、ああやっぱりイトケンさんの曲だなぁと思える曲でした。それぞれ全然違うメロディなんだけど、その人の曲だって分かる感じ…?というのでしょうか?

清田さんサイドの曲はリクエストした星月夜とはじまりの大地が聞けて満足(´ー`) ご本人から聞いたところ11月のアルバムのはじまりの大地はまた新しいバージョンになるそうです。こちらも楽しみ。

清田さん、イトケンさんからCDにサインを頂きました(‘∇’)↓

清田さん、イトケンさんのサイン

[Live] RUSH HOUR II vs DASH-G

Sota Fujimori in RUSH HOUR II v.s. Dash-G福岡で活躍中のRyu☆さんが出演するということで、クラブイベント「RUSH HOUR II vs DASH-G」に行って来ました。teranoid&MC Natsack目当てじゃなくてごめんなさいm(_ _)m ((星野奏子ちゃん目当てにay carumba!!!!も見ましたが、カラオケでちょっとがっくし…。次はライブ編成にしてあげてくだせぇ…。))

写真はSpecial Secret Guestの藤森宗多(Sota Fujimori)氏のDJプレイです。ご自身の曲はちょっと確認できなかったのですが ((Look to the Skyが聞きたかった…orz))、選曲最高でのっけからかなり盛り上がってました。

2時半 ((えーと…午前です。))のteranoid&MC Natsack Liveに続いて、3時 ((んと…午前なんですよ。))からはDJ SCOTT BROWNのDJプレイ。UKハードコアの重鎮だそうですが、持参のデジカメで客席を取ったり ((最近流行りだそうですね、これ。))、撮影のカメラにポーズしたりととてもフレンドリーでした。選曲もポップ、トランスからガバまで幅広く、かなり好み ((SCOTTに限らず、全体的にガバやハッピーハードコアなど、コアな選曲が多かったような気がしますね。))。今度チェックしてみようかな。

SCOTT BROWNのライブ中に私の目の前で踊り始めた♂二人組がいました。関係者パスつけて、客の目線を遮って踊るなんて~…と思っていたら、片方が次のステージに上っていくではありませんか。この二人、なんとRyu☆&kors kだったのでした。

4時 ((もうお分かりだと思いますが、午前なんです……Zzz))からやっとRyu☆さんのライブステージ。毎回ネタをしこんできてくれるRyu☆ステージですが、今回のネタは山手線のアナウンスをサンプリングしたトランスでした。確認できた楽曲は雪月花、Be Quiet、A.I.、Fly into Dream、Ageha、Aurora、So Fabulous !!、waxing and wanding、Rainbow Rainbow、Starmine。Fly into Dreamはぜひ生で聞いてみたかったものなので感動でした。

5時 ((ちょっと聞きました?午前らしいですわよ、奥さん。))のkors kステージを終えて、力尽きたので帰宅。学生さんたちの若さにはちょっと勝てないなと痛感した一日でもありましたorz

おかえり、DDR

DDR SuperNOVA2002年12月にリリースされたDDR EXTREMEを最後にしばらく沈黙を守っていたDDRがDDR SuperNOVAとなって今日復活しました。かつては1万台以上普及した(これってアーケードゲームとしてはちょっとすごい数字だそうです)筐体も撤去されてしまっていて、今日から稼動するのは新筐体を導入する店舗に限られているそうですが、7月末にはあちこちのゲームセンターで稼動する…かも?。

ということで、ミーヤの屋根裏部屋さんを参考に近場で稼動しているお店をチェック。車で一時間のところに遠征してきました。

3曲100円という良心的なお店でしたが、さすがにもうダメぽですね…。2月の横浜ロケテに行ったときも感じましたが、体力落ちまくりデス。3曲踊ってへとへと。

曲としていいなぁ、と思ったのは華爛漫 ~Flowers~(TERRA)、My Only Shining Star(NAOKI feat. Becky Lucinda)、譜面として面白そうなのはやっぱりChaosですね。だせないけd

しばらくはいい運動になりそう(´ー`)

CD『FF12サントラ』レビュー

FF12サントラ買ってきましたよ!初回限定盤はスペシャルパッケージなんですね。6年位経つと糊が力尽きてプラスチックケースがはがれてくるという…(←FF8サントラの初回限定盤がはがれた)

聞くところによると、FF12の音楽ひどい叩かれようだそうですが、そんなに悪いかなぁ…。

『剣の一閃』(DISC2-02)や『死闘』(DISC3-05)なんて今にも剣を抜いて体を動かしたくなるくらい、とっても勇ましい曲だし、『空賊への夢』(DISC1-11)や『セロビ大地』(DISC4-1)はとっても綺麗なメロディだし、いいと思うんだけどなぁ。

ゲーム未収録曲も7曲ほど入っているのでゲームを遊んだ人もお得感のある内容なのではないでしょうか。σ(゜∀゜はさっそくiPodとiTunesにぶっこんでヘビーローテBGMにしています。