映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』

ターミネーター:新起動/ジェニシスの T-800

大作押し寄せる夏休み映画の中で『バケモノの子』と迷いに迷った末、迷走を続けた三作目、四作目を見ても応援し続けてきたファンとしては行かねばならぬと『ターミネーター:新起動/ジェニシス』を見てきました。

続きを読む

映画『アバター / Avatar』

Avatar

2009年を代表する大作、ジェームズ・キャメロンの『アバター』を 3D 対応劇場で見てきました。

──舞台は地球型惑星パンドラ。海兵隊上がりのジェイク・サリーは人間と先住民ナヴィのDNAをかけあわせたクローン「アバター」とリンク(神経を結合)して、パンドラとナヴィの調査を始めます──

続きを読む

映画「アルマズ・プロジェクト」

アルマズ・プロジェクト

ソビエト連邦が開発した宇宙ステーション “サリュート” のうち軍事目的で打ち上げられた2号、3号、5号を「アルマズ」と呼ばれるが、1998年11月、このアルマズ号が突然管制との交信を絶ち、4日後大気圏に突入して爆発した。

なぜアルマズの乗組員たちは交信を絶ったのか、4日間のうちに何があったのか。アルマズ号の残骸から回収されたブラックボックスに残された映像からそれを探る。原題は「Almaz Black Box」。

続きを読む

映画「レッドクリフ Part 2 未来への最終決戦」

レッドクリフ Part 2 未来への最終決戦

中国四大奇書のひとつ『三国志演義』の前半の山場、赤壁の戦いを映画化した「レッドクリフ」の後編を見てきました。サブタイトルがかなり特撮映画な香りを醸し出してます(※ CG じゃなくて、特撮)。

後編を見るにあたって、4月に録画しておいたテレ朝放映の前編(Part 1)を前夜に視聴。ネットでの評価は結構きついこと書かれていたので、映画館には見に行かなかったのだけれど、意外や意外。これよくできてるねぇ。

三国志演義通りではないところも多いし、とくに Part 1を見る限り「 HERO 」や「 LOVERS 」ばりのワイヤーアクションも出てきたりして、三国志という史実に近いスタンスにたちたいのか、超人アクション大作にしたいのか、どっち付かずという感じで、そのあたりが批判を招く原因だったのかも。

僕はというと、ワイヤーアクションも好きだし、綺麗な風景と金城武はじめ出演者の見事な演技を楽しむことができたので、見に行っても良かったかな。

さて、Part 2の目玉はなんといっても、赤壁の戦いのクライマックスですね。それがある分前半は戦闘抑え気味で、後半にどどどーんと詰め込まれていました。お腹いっぱい。「グリーンディスティニー」なあのラストはどうかと思いましたが、エンドロールの音楽がよくてそれも忘れて満足できました。

Part 1に続いて今回もジョン・ウーの鳩は大活躍。いつもはこっそりなのに、今回は全面に出てましたねー。自分の代表作のつもりなんでしょう。