叫び

それは月曜の朝4時半のことだった。

前日からなかなか寝付けなかった私の睡眠はとても浅く、まどろみに近い睡眠を繰り返していた。

夢を見るともなしに見ていたとき、

「ぎゃああああああああああああああ」

驚きとは違う、命絶える時の、男性の断末魔の叫び。

夢ではない。思わず飛び起きた。

ざわざわとする耳。重苦しい体。ぞわぞわする背。

まるで幽霊がそばにいるような感覚とはそのことか。

私は結局朝まで寝付けず、気がつくと8時を回っていた。

眠気に耐えながら仕事をする私。

朝呼ばれていた会議を終えると同じマンションの女性が声をかけてきた。

「マンションについてるエアコンって、加湿暖房ついてるじゃないですか。あれって水を入れないとダメって言われたんですけど、入れてます?」

「ええ?水なんて入れなくても大丈夫じゃないですか?」

私は聞いてみることにした。

「それより、今朝4時半頃なんですけど、なんか絶叫が聞こえませんでした?」

彼女は驚いた表情になり「ええ、朝5時前に目が覚めたんですけど、あれって夢じゃなかったんですか?」

「そうそう、ぼくも夢だとばかり……」私は頷いた。

「えー、男性のすごい声でしたよね?こわーい、聞くんじゃなかったー」

ぼくもだよ……。

疲れた……。

残業せずに帰って寝るはずだったのに結局いつもの時間まで会社にいるじゃないか。はやく帰ろう。

そのとき社内に鳴り響くハイパーユーロビート(注:ケータイの着うたフル。編注:鳴らしてもいいけど、音量は下げておきましょう。)

父親から電話である。

「おーい、×丁目の○○くんって知ってるか?」

心臓が止まった。

私の住んでいるのは×丁目である。

「え……死んだ?」思わず呟いた。

「おー、なんか今朝▲▲(実家の地名)で事故にあってなくなったそうだ」

「は?」

「出勤中にトラックと正面衝突したそうだ。同乗してた友達も即死らしい」

「それ何時ごろ?」

「8時」

起きてるっちゅうの。

どうやら関係ないらしい。×丁目が一緒だからびっくりしたじゃないか。今はマンションの真相のほうが気になる。

A: まっすぐ家に帰る。
B: 怖いのは苦手だ。寄り道していこう。
C: 友達の家に泊まろう。

怖いのは苦手だ。寄り道していこう。近くの繁華街で夕食を済ませて家に急ぐ。

ようやく家が見えてきた……。ん、あれはなんだ……?

そこには……

黄色いテープで通行制限されたマンションの入り口が……

「KEEP OUT 東京警視庁」

……なわけはない。駐車場に置かれたコーンと勝手に止めないように張られたテープだった。

私は生きている。

絶叫の真相はまだ分からない。

今晩も聞こえるのかもしれない。

今日も起こされるのかもしれない。寝るのが怖い。

誰か、助けてくれ………。

薄れ行く意識の中で、本当に誰か死んでたら会社にマンションを変えてもらおうと思う打算的な私が笑った……。

ネタじゃなくて実話|||orz

キュートな侵入者 その2

いろいろ珍妙なお客さんが侵入するうちの実家なのですが、今日はこんなのがやってきました。


庭の木に刺したオレンジにメジロがきました。

メジロです。雑食性で虫を食べる益鳥だそうですが、果汁を好むのでオレンジに来ているみたいですね。鶯(うぐいす)にもよく似てますが、これはメジロです。英語にするとWhite-eye。そのまんまやがな ‘-‘;


木の上のほうと下のほうに二匹のメジロが止まっています。

こんどは二匹のメジロが止まっているところ。背景に洗濯物やらなにやらが写ってて生活感丸出しですが、ご愛嬌ということで…。あまり近づいたりアングル変えたりするとメジロが逃げちゃうんですよね…。

言うまでもありませんが、オレンジはこんな形でなってるのではなくて、うちの両親がメジロのために切って刺したものです。たまにヒヨドリが食べに来たりすると、すぐに追っ払われます。両親、ヒヨドリは嫌いみたいです。

この道わが旅extra:初日の出 2007

壱年の計は元旦にあり。

午前四時に起きて、拉麺を作り蝕す。腹が減っては戦はできぬと申し候。

午前伍時に出家家出出立。市内の高社山を目指さんとす。

午前伍時半より、一寸先は闇の高社山を登ること半刻。頂上にて待つこと半刻。御来光への道は長く、そして嶮しい。


夜明け前

午前七時壱分。待ちわびた瞬間来る。早起きは三文の徳也。


2007年初日の出

御来光の写真はこちらで御座る。戯れに書き殴ったがため、落とし所が見つからぬ。相済まぬ。

2006年、全身で生きれたか振り返ってみる

BEATREVOLUTION»TERRA»Message
あなたにとって2006年は、どんな一年でしたか?
何をしましたか? 何を残しましたか?
沢山笑いましたか? 泣きましたか?
力一杯駆け抜けましたか?
ちゃんと全身で生きてましたか?

というフレーズの響きに甚く感動して、私も2006年を振り返ってみようかと思います。

仕事

仕事では結構不調でしたね。4月に新企画の立ち上げを本格的に初めて5月末までに仕様をまとめて、その足で偉い人に潰されましたからね。しばらくその後も尾を引いていました。で、その企画はどうなったかというと偉い人のもとでそっくりそのまま名前だけ変えて進めてるらしいので、2年後くらいには皆さんの前に出てくるんじゃないかなぁと。くそー、次は見てろよ~!

プライベート

プライベートではいろいろと変化がありました。WordPress交流会オフ会に参加したことをきっかけに、ほかのWPerとの距離がとても縮まりました。

またmixiでもお友達も増えて、あちこち出かけるようになりましたね。脱単なるmixi日記リーダーw

CMSはWordPressへ

このサイトのCMSをWordPressにシフトしたのも今年の5月でしたね。

Movable Typeより出来ることが多いの?って聞かれたら、おそらく今はどちらも同じだと思います。Movable Typeより軽いの?って聞かれたら、MySQL次第だと応えるしかアリマセン。選択肢もサポートもMTのほうが多いかもしれません。

でも、私のできることはWPのほうが多いと思います。簡単なプラグイン作ったり、テーマを公開したりとかね。来年はテーマを公開したいなー。

大きなところをまとめると、こんなところですが、果たして全身で生きれてたかな?。うん、来年の目標は「全身で生きること」にしようかな。次企画潰されたらまじで会社辞めそうだし、悔いなく生きよう。そうしよう。

カードの使い過ぎにWEB家計簿

きっかけはクレジットカード会社から届いた明細

どうせANAのマイレージを貯めるならクレジットカードのポイントで少しでもマイルを増やそう、とがんばってきたワタクシ。先日ついにトンでもないものが届きました。15万円近いカード会社からの請求でございます。今月はNikon D80もカードで買っているので、二ヶ月続けて15万円近い請求が届くことになります。

幸いにも先月は労働基準法にひっかかって労組に睨まれたので残業も多かったので、破産もしません。貯金もそこをつきません。ご安心ください!(誰に?)

けれど、ちょっとお金のコントロールができなくなってきている気がします。このままではいけない。そうだ、家計簿をつけよう!

自分にあった家計簿を選ぶ

こう見えても(どう見える?)ワタクシ、はじめて一人暮らしを始めた大学生のとき、家計簿をつけたことがありますが、半年もする頃には見事に挫折。半年坊主でした。挫折した理由は簡単。つけるのを忘れた支出のせいで、どんどんどんどん会計が合わなくなっていくんです。

今はWEB2.0の時代!マイケータイもある!ということでウェブベースの家計簿を使ってみることにしました(大学生になったときiモードもブロードバンドもありませんでしたし…。ケータイの普及率10%以下でしたし…。)。

散在.com

  • ウェブ上で簡単に利用できる無料家計簿
  • 支出金額がグラフでも表示され、直感的でわかりやすい!
  • みんなの家計簿が公開され、登録した同じ商品やお店がリンクで繋がる
  • いちはやく新商品を買った人や同じお店に通っている人たちと話題を共有できる

なんだか物騒な名前のサイトですが、家計簿とSNSが合わさったようなもののようです。収支から支出の多い項目をグラフ表示したりもできそうですが、どうもケータイに対応してなさそうだったので今回はパス(試してはいません)。

シンプルWeb家計簿

  • 複式簿記 ほかのWeb家計簿システムと違うところです。伝票の形で入出金などを登録します。多少なりとも簿記の知識があった方がいいと思います。
  • ケータイで出金登録 電車代など領収証がないものについて,家に帰ってから金額など悩むことがありません。ただし、携帯電話でできるのは出金登録だけなので、PCは必須です。

こちらはケータイからも利用可能。ただし、簿記の知識必須。そんな難しいの使えませんから!

というわけで、選んだのがこちら。

Web家計簿

  • インターネットを利用してパソコンや携帯電話から家計簿をつけることができます。
  • 現金収支の入力、現金出納帳の作成、預金出納帳の作成、月間、年間の収支一覧表の表示、区分毎の支出の推移をグラフで解り易く表示します。

ケータイからも投入できるし、もちろんパソコンからもOK。会社と家ではPCで、外食やお買い物をしたらケータイで、という感じで使えます。

とりあえず1ヶ月がんばってみようと思います。でも、なんで収支を計算すると月の残りの資金があと7万円なんだろう…/(-_-)\