叫び

それは月曜の朝4時半のことだった。

前日からなかなか寝付けなかった私の睡眠はとても浅く、まどろみに近い睡眠を繰り返していた。

夢を見るともなしに見ていたとき、

「ぎゃああああああああああああああ」

驚きとは違う、命絶える時の、男性の断末魔の叫び。

夢ではない。思わず飛び起きた。

ざわざわとする耳。重苦しい体。ぞわぞわする背。

まるで幽霊がそばにいるような感覚とはそのことか。

私は結局朝まで寝付けず、気がつくと8時を回っていた。

眠気に耐えながら仕事をする私。

朝呼ばれていた会議を終えると同じマンションの女性が声をかけてきた。

「マンションについてるエアコンって、加湿暖房ついてるじゃないですか。あれって水を入れないとダメって言われたんですけど、入れてます?」

「ええ?水なんて入れなくても大丈夫じゃないですか?」

私は聞いてみることにした。

「それより、今朝4時半頃なんですけど、なんか絶叫が聞こえませんでした?」

彼女は驚いた表情になり「ええ、朝5時前に目が覚めたんですけど、あれって夢じゃなかったんですか?」

「そうそう、ぼくも夢だとばかり……」私は頷いた。

「えー、男性のすごい声でしたよね?こわーい、聞くんじゃなかったー」

ぼくもだよ……。

疲れた……。

残業せずに帰って寝るはずだったのに結局いつもの時間まで会社にいるじゃないか。はやく帰ろう。

そのとき社内に鳴り響くハイパーユーロビート(注:ケータイの着うたフル。編注:鳴らしてもいいけど、音量は下げておきましょう。)

父親から電話である。

「おーい、×丁目の○○くんって知ってるか?」

心臓が止まった。

私の住んでいるのは×丁目である。

「え……死んだ?」思わず呟いた。

「おー、なんか今朝▲▲(実家の地名)で事故にあってなくなったそうだ」

「は?」

「出勤中にトラックと正面衝突したそうだ。同乗してた友達も即死らしい」

「それ何時ごろ?」

「8時」

起きてるっちゅうの。

どうやら関係ないらしい。×丁目が一緒だからびっくりしたじゃないか。今はマンションの真相のほうが気になる。

A: まっすぐ家に帰る。
B: 怖いのは苦手だ。寄り道していこう。
C: 友達の家に泊まろう。

怖いのは苦手だ。寄り道していこう。近くの繁華街で夕食を済ませて家に急ぐ。

ようやく家が見えてきた……。ん、あれはなんだ……?

そこには……

黄色いテープで通行制限されたマンションの入り口が……

「KEEP OUT 東京警視庁」

……なわけはない。駐車場に置かれたコーンと勝手に止めないように張られたテープだった。

私は生きている。

絶叫の真相はまだ分からない。

今晩も聞こえるのかもしれない。

今日も起こされるのかもしれない。寝るのが怖い。

誰か、助けてくれ………。

薄れ行く意識の中で、本当に誰か死んでたら会社にマンションを変えてもらおうと思う打算的な私が笑った……。

ネタじゃなくて実話|||orz

かまいたちの夜x3の真相

本日発売の週刊ファミ通にかまいたちの夜x3のディレクター落合信也さんのネタバレインタビュー後編が載っていました。かまいたちの夜x3の隠し要素やストーリーにファイナルアンサーが出た感じです。

以下ネタバレご注意を。

続きを読む

かまいたちの夜x3 三夜目

かまいたちの夜x3(最初からややネタばれ飛ばし気味であります…かまいたちファンならだいたい伏字が分かると思いますが…)ピンクのしおりを終えて、真相篇のバッドエンディング回収を始めました。○○篇もクリア。全90個のエンディングを見て○の○○○に到達しました。

続きを読む

かまいたちの夜x3 一夜目

かまいたちの夜x3かまいたちの夜x3を買いました。

94年11月、1作目かまいたちの夜に出会ったとき、私は中学生でした。CEROも無かった当時、『中学生以上推奨 ((使用されている漢字が読めるようにというのが表向きの理由だったけれど、実際にはピンクのしおりのせいではないかと思われる。))』になっていたこのゲーム。

3作目にになるまでに、こっちが

「Z指定 ((18歳以上のみ対象。ゲーム販売店ではD指定以下商品とは別コーナーに置くことになっている。))」でもOK

になっちゃいましたよ!!

[かまいたちの夜はストーリーの一部を知ったところで面白さが半減するものではありませんが、以下ネタばれにはご注意ください]さて、さっそくアマゾンから送られてきた「x3(トリプル)」をプレイ開始。あれ、決定したときの効果音とか、タイトルやメニューの構成とか、もしかして…

「かま2」と同じ? ((「x3」の開発は低予算で行うこと、という中村光一氏のお達しがあったらしい。))

しかも、主人公透と真理の名前入力がない…。(透に彼の名前、真理の彼女の名前ってなことができませんね)

「かま2」の惨劇の供養のために集まったというのに、最初の主人公香山さんは、明らかに宝探し気分。そして、やっぱり演歌を歌い透の就職を斡旋したあげく、あっさり透にバトンタッチ。

透は大学の休暇にシュプールの手伝いをするまでになったというのに、三日月島に来てから真理に邪険にされっぱなし。(こんな大学生のカップル、いま少ないだろうなー…。94年の設定のままだもんなー…。)

そんなんだから、サバイバルゲーム ((かまいたちの夜ペンション”シュプール”篇の後半の章題名。物語の後半までに犯人を見つけられないと、犯人が密室に閉じ込められた主人公達を大量虐殺するのがお決まりのパターン。))に入っても、真理を助ける気が起きな…(ry

バッドエンド ((サウンドノベルシリーズで「終」と出て終わるエンディング。スキーのストックで刺されたり、包丁でわき腹を刺されたり、時限爆弾が爆発したりするとこうなる。真のエンディングは「完」で表示される。たくさんのバッドエンドを体験するのもサウンドノベルの楽しみの一つ。))を3つ見たところで俊夫にバトンタッチ。新しい主人公が解放されるフラグがなーんとなく分かってきたぞ。

…というところで今夜はおしまい。ちなみに予約特典のセガミステリー文庫「かまいたちの夜 はさみ忘れた栞」は、もらえなかったら悲しいけど、もらえたところでどうってことはないわりと薄い内容なので、予約しなかった方もご安心を。ラブテスター篇はぶっとんでるけれども。