WordCamp 公式サイトに使った7個のプラグインとテーマ

というわけで先日グランドオープンした WordCamp Yokohama 2010 公式サイト。このサイトを構築するにあたって使ったプラグインとテーマをご紹介します(をかもとさんと記事まるかぶりのため、ぼくが選んだプラグインを中心にしていますw)。

言わば、「WordCamp 公式サイトの作り方~これであなたも WordCamp 公式サイトディベロッパー~」。

それではいってみましょう。

続きを読む

Windows Live Writer プラグイン WLOdekoの仕様

Re:[TB] WP2.5に入れるプラグイン10選 でちょこっと書いたWindows Live Writer用プラグイン。

Flickrのコードをコピペすると、Highslide用コードに変換してWindows Live Writerに挿入してくれる…なんて需要まったく無視の自分用プラグインが誕生するかもしれません。

なんとhiromasaさんが作ってくれちゃいました!その名もWLOdeko!(アイコンだけおで製です:)

Windows Live Writer プラグイン WlOdeko リリース(?)

プラグインリクエスターは、おなじみおでげのおでこさん。 Flickr の HTML ソースを入力すると、いい感じに highslide が動くように HTML を変換して挿入します。

続きを読む

Re:[TB] WP2.5に入れるプラグイン10選

イギリス旅行記が終わってから書こうと思っていたのですが、それだと旬を逃してしまいそうだったので、番組の途中ですがトラバです。

WordPress2.5でつくる!最強のブログサイト」出版記念企画
もし今、WordPressのプラグインフォルダに10個のプラグインしか追加できないとしたら、最低限何を入れますか? プラグイン名とその理由を簡単に述べてください。(標準装備のAkismetとwp-multibyte-patchは除外します)

すでにWP 2.5どころか2.6.1になりつつあるこのブログですが、現在有効になっているプラグインは…………………全部で11個しかありません。

やばい!AkismetWP Multibyte Patchを除外されたら残り10個ないよっっ!>Masayanさん。

というわけで、自作のを含めて無理やり10個にしてみたりして。

FancyTooltips

いまのようにCSS全盛、Ajax全盛になる前の頃からアンカーにマウスをホバーさせたときのツールチップにはこだわりと憧れがあって、ツールチップを綺麗に彩るために使っています。

そのくせ手抜きをしてデフォルトのままつかっていたりします…。テーマと合わせるようにしたいですね。

一応配布元サイトにリンクしてみましたが、どうも閉鎖してるようですね……。

Feedburner Feed Replacement

こちらも現在は新しいプラグインになっているようなんですが、WPの標準のフィードをFeedburnerのフィードにリダイレクトしてくれるプラグイン。

古いのを使っているのは、新しいほうが自動的にfeedburner.comのアドレスに飛ばしちゃうんですね。ぼくはfeedburner.jpを使っているので、それじゃ困る。

ハックしてもよかったんだけど、アビリティ:めんどくさがりが発動して、古いままでいいやー、という感じです。

Footnotes

これは記事のラストに脚注を表示してくれるプラグイン。たまーに使っています。ほんとうはパラグラフの後に自由に表示できないものかなーと思っていたり。

Ktai Style

日本のケータイからアクセスしたらケータイ用のテーマで表示してくれるyurikoさん謹製プラグイン。

世の中iphoneだスマートフォンだと騒いでいますが、電池容量の延びが期待できないのと通信量の抑制を考えると、ケータイにはケータイに合ったコンテンツで十分だと個人的には思っています。

Sandbox Global Nav Hack

えー…このブログのテーマはSandboxを使っているんですが、デフォルト状態だとヘッダのリンクはページを並べるようになっています。

ホームへのリンクを表示したいな、と思って、テーマ作者にコンタクトを取って、プラグインからフックできるようapply_filterを加えてもらい、自分用にプラグインを書いたという代物で、未公開品……です。

SBM Popular Entry

ソーシャルブックマークへの投稿ボタンとブクマ数を表示してくれるプラグイン…なのですが、実はブクマされたかな~と確認するためだけに使っていたりする。

Simple Trackback Validation

このドメインへのリンクがないトラバを弾き飛ばすためのプラグイン。言及リンクがない記事からのトラバ、スパムトラバを根こそぎカットしています。

wp-itukiRSS

これまた非公開。hiromasaさん謹製、通称「鼻からカフェモカ」プラグイン。WPが生成するRSSにパッチして、タグ等もそのまま表示するようにしてくれます。某女史のお名前が入っているのは、きっとプレゼント用だったからかも。

いちいちこのハックをするのがめんどいので、プラグインにまかせたというわけです。

WP-SpamFree

スパマーによるコメントを根こそぎ弾き飛ばす最強アンチスパムプラグイン。こちらの記事も参考に。トラックバックを誤判定しているという話もあるのですが、コメントは問題ないので別にいいかなと思っています。

WPJ-Highslide

画像をぐいーんと開いてくれるHighslideスクリプトを挿入するだけのおでお手製プラグインです。

世の中には、適正な書式([highslide src=hogehoge]とか)で書くと自動的にタグに変換してくれる高機能なものもありますが、WP的にはfilterしているだけなわけで、そのプラグインを使わなくなったり、WPをやめたりした日にはまったくhighslideされなくなるのが気に入らないので、actionできちんとしたタグに変換した上でDBに保存できたほうがいいかなと思って結局放置しています。

というのも、最近ブログを書くときは決まってWindows Live Writerから書いているので、見ての通り管理画面系のプラグインほとんど使わないんですね。だから新しいプラグインを書くならWindows Live Writer用がいい。

Flickrのコードをコピペすると、Highslide用コードに変換してWindows Live Writerに挿入してくれる…なんて需要まったく無視の自分用プラグインが誕生するかもしれません。

[wordpress] Akismetを暇にする現状で最強のスパム対策

WordPressのオーナーにとってコメントスパム/スパムトラックバックは悩みの種だと思います。

Akismetはコメントスパム/スパムトラバを検知してくれる優秀なプラグインなのですが、コメント/トラバを受けて発信元(IPなど)、内容等を精査する仕組みのため、どうしてもデータベースへのアクセスが発生してしまいます。ひとつひとつの負荷は微々たるものでも塵も積もれば何とやら。スパムによる負荷なんてないに越したことはありません。

2つのプラグインを導入する

肝となるのはakaさんに教えてもらった2つのプラグイン。

1つ目はWP-SpamFree。現在WordPressを対象にスパムを撒き散らすスパマーの多くがボットを利用してスパムを自動化しており、ボットの多くはJavaScriptとCookiesの両方には対応していないそうです。WP-SpamFreeはJavaScriptとCookiesが無効になっているとコメント不能にすることでボットからのスパムコメントを防御します。

ところが現在日本のケータイの多くはJavaScriptやCookiesを解釈することができないため、このままではケータイからコメントできなくなってしまいます(ここではiモードブラウザやOpenWaveブラウザのことを指しています。フルブラウザはJSもCookiesも解釈できることが多いようです)。対処策としては、ケータイからのアクセスの場合WP-SpamFreeを動作しないようにしてやればOKです。

僕はケータイからのアクセスをKtai Styleで表示させるようにしているので、WP-SpamFreeの28行目(先頭)にif(is_ktai()) return;と挿入してやりましたhiromasaさん、Thanx!)(Ktai Style Ver.1.10よりWP-SpamFreeのコード修正不要になりました。yurikoさん、Thanx!)

2つ目のプラグインはSimple Trackback Validation Plugin。ほかのサイトから飛んできたトラックバックをどのような基準で審査し、基準からすると不正なものをどう処理するか設定できるようになります。

simple trackback validation plugin setting

上のスクリーンショットはデフォルトの状態で、僕は不正なトラバ処理を「Mark as spam」にし(不正なものはakismetにたまるようになります)、「Add prefix [Blocked by STBV]」のチェックを外しました(このチェックが入っているといちいと投稿者名に[Blocked(ry」が入ってしまうので、問題ないトラバだった場合に消すのが面倒だからです)。きちんとそのページへの言及リンクが入っていなければ認めない場合は「Strictness」で、WPへのURLが入っていればいいかなという場合は「Any link beginning with the following URLs is allowed: 」を選ぶとよいと思います。ぼくは後者で様子見中。

驚くほどの効果

この対策をしてから約1ヶ月。この間にAkismetがつかまえたスパム、Akismetをすり抜けたスパムともにゼロとなりました。驚くべき効果です(…と書いていたら正常動作でmasayanさんからのトラバをSimple Trackback Validationが弾いてたみたいです。masayanさん、ごめんなさい…。ページへのリンクがないと弾いちゃうの(´・ω・`))

Akismetが空の画面というのもなかなか清々しいですね。ぜひお試しあれ。

暇そうなakismet