スマートフォン版ドラゴンクエスト8!美しいグラフィックの反面、メニュー操作には疑問な点も

スマートフォン版 DQ8

本日(12月12日)よりスマートフォン版ドラゴンクエスト8の配信がはじまりました。さっそく iPhone 版をダウンロードし、1時間ほどプレイしてみました。

続きを読む

ドラクエ8冒険日記10/竜骨の洞窟~闇のレティシア

ベルガラックのサブイベント・竜骨の洞窟をクリアしてカジノを再開!せっかくだから儲けてみようとカジノに挑戦です。参考にしたのは、弥七さんのカジノ攻略ページ。スロット>ルーレットとおいしく稼がせてもらいました。…が激しくゲームバランスをぶっ壊した気がしないでもないです。

「なんでドルマゲスを倒しててキラーパンサー持ってないのよ!」と璃南さんに突っ込まれていた私。悔しいのでラパンハウスを見つけて、バウムレンの鈴をゲットしました。地図でこの家を見ていた気がするんだけど、サザンビークには東側から船>歩きで行ったため、すっかり忘れていたようです。

で、このキラーパンサー、誰がなんと言おうと

プックル

です。ドラクエ5ネタですいませんorz。

次がノーヒントなので、ほとほと途方にくれてしまったのだけどトラペッタでルイネロに占ってもらうと船で入っていく洞窟があるらしい。リーザスの東から船で川に入っていくと海賊の洞窟発見。ここのボス:キャプテンクロウはテンション100で真空波をしてくるだけなので楽勝でした

キャプテンクロウが大切にしてたという光の航路を目指します。サザンビークから4つの岩が出ている浅瀬へ。光の航路から少しでも出ると航路消えちゃうのね…。ここではバウムレンは呼べないみたい。とりあえず地図で見られる町に向かってみるとレティシアに到着。

レティシアの町の人がしてる帽子、なんかドラクエ7の主人公の帽子に似てないです…?村長の話を聞いて、レティスの影を追うことに。平原にある止まり木から影を追うこと、数分異次元の世界に入れました。止まり木でレティスと戦闘後、山頂を目指します。またもや楽勝に地図げっと。山頂までひたすら上ります。ここ地図の広さの割りに実際はすごく狭くないですか?かえって迷っちゃいます…。

ボスはハッスルダンスとべホマラーのおかげでAIにまかせて適当でも勝てちゃいました…。ゲームバランスが…。でも余裕っていうんじゃなくて、ボスの体力があるから、やっぱり今回強く感じちゃいますね。

これでようやく神鳥げっと。今度はラーミア(DQ3)の音楽ですか…orz。おでりんの旅はまだまだ続くようです。

ドラクエ8冒険日記9/船出~ライドンの塔

ずいぶんとサボりましたが、お久しぶりです。多少端折りながらおでりんの旅は続きます。

さて、船は手に入れたもののどこにいけばよいのでしょうか。ドルマゲスは西に向かったというけれど、地図を見ると西には大陸たっぷり。ベルガラックにいけばよいと分かるまで、アーチの海峡にいったり、サザンビークに先についちゃったりしました。

ベルガラックから闇の遺跡にいっても、ドルマゲスの作った結界で中に入れないらしい。どうも闇を払う鏡がいるとのこと。ラーの鏡か!?

サザンビークではへっぽこでぶっち王子の元服儀式をお手伝い。トカゲに近づけるように、ちょっとしたパズルを解く仕掛けです。これがなかなか頭使って面白い。

でぶっちへっぽこ王子をお手伝いしたお返しにもらった魔法の鏡にカツを入れないとダメらしい。ここで船で道で迷った成果が出ました。海峡にいって海蛇のジゴフラッシュを受け止めればいいそうです。というか、この場所、普通分かるんでしょうか…。

闇の遺跡でいよいよドルマゲスと対決。第1段階は倒したものの、第2段階であっさり負け~。修行を積んでククールがべホマラーを覚えたら、あっさり勝利…。なんだかなぁ…。

ドルマゲスの手放した杖をゼシカが拾っていたので、なんか変だなぁと思ったら予想通りの失踪。リブルアーチにてゼシカとバトルです。

今度は杖を拾ったわんころを追って雪国へ。薬草園の洞窟をクリアして、次の目的地が不明なんだけど、犬っころはどこへいったんだろう…?まだまだおでりんの冒険は続きます。

ドラクエ8冒険日記8/ポルトリンク~トロデーン

L1ボタンを押しても自動的に走らないじゃないかヽ(`Д´)ノとお嘆きの全国400万のドラクエファンの皆様、こんにちは。家の会社のタバコ部屋では仕事じゃなくてドラクエ談義に華が咲いているらしいので、タバコは吸わないけれど、今度混じってみようと思っているオデリン(仮名)です。今日もがんばって旅を続けます。

ポルトリンクから西に岸壁沿いを進むと、やがて丘の頂上に宿屋が見えてきました。見晴らしのよい崖には人が集まっていて、何やら遠くを指差しています。商人が指差す方を見てみると荒地の中に何やら人が作ったような構造物が見えます。あれが、探し物の古代の船のようです。

宿で体を休めて、さらに荒地を進むと古代の船に到着しました。かつては海であったところに放置されたままらしい船。けれど今海岸線は遥か遠く。とてもこの船を運べそうにありません。トロデーン城の図書館に「古代の船」に関する記述があったとトロデが言うので、次の目的地はトロデーン城に向かうことになりました。

目的地が決まったのはいいものの、誰もトロデーンへの道順を教えてくれません。仲間に聞いても教えてくれません。なんて薄情なんでしょう。敵討ちで集まった仲なんてこんなものなんです(つд・)

仕方が無いので、地図を念入りに見ていると北のほうに洞窟を見つけました。さらに少し北にももう一つ洞窟がある。山の抜け道のようです。さっそく進路を北に向け、高台の教会で一泊した後、トロデーン城に到着しました。

トロデーン城は地図を見てもとても分かりにくい構造になっていて、まるで迷わすために作ったかのようなとっても住みにくそうなところです。こういうところはとにかく奥に向かうように移動するに限ります。

城内をうろついているとはぐれメタルに遭遇。覚えたての「メタル斬り」を使って退治しましたが、意外と逃げずに戦ってくれるので、ここはいい経験地稼ぎが出来そうな雰囲気。

城内の最深部の図書館につくと、今度は月影のハープなる道具を取ってくるように言われます。ここもノーヒントなので、こういうときは困ったときの「仲間コマンド」!(ドラえもん風)。教えてもらった人物の元に向かい、ビンゴ!かt思ったら、まだお預けみたい。ハープは盗まれてしまっていたんです!

そんなこんなでハープを取り返したわけですが、ハープで引いた曲が「呪い」の効果音だったり、演奏をアンコールしたら、キラー・スコップがうらめしそうな目でこっちを見ていたのがイイですね。あの髪型にはかなり白けましたが。

古代の船はどこにいった、という感じですが、やっとハープをもってトロデーン城に戻ると、今度は夜じゃないとダメだったんですねorz。わざわざ外に出て夜を待つ羽目になりました。そんなこんなで船を手に入れたオデリン(仮名)の旅はまだまだ続きます…。

DQ8冒険日記7/パルミド~剣士像の洞くつ~ポルトリンク

悪人達が住む町パルミド。ここにはなんとあのカジノがあります。しかもカジノの音楽はドラクエ4と一緒…orz。しかもこれは、あのドラクエ7の吹き溜まりの町のいや~な思い出が蘇ります。詩人になりたい青年がぼやいてる「青い空」「白い雲」というのはまさしくドラクエ4のエンドールの詩人じゃないですか!ネタ万歳ヽ(´ー`)ノ

ヤンガスの言う情報屋の家には上の階層の道から。次に酒場に行くとミーティア姫こと馬と馬車を奪われてしまいます。ここからは近くにいる人にどんどん話を聞いていけば、どこにいけばいいかわかるようになっています。

闇商人から馬車を買った女盗賊ゲルダはパルミドから南西の湖に住んでいます。これがまたリッチな家なんだわ。お洒落な別荘ってくらいの。

馬車を返してもらうためのゲルダの条件を飲んで剣士像の洞窟へ。ヤンガスが若き日のメモリーとかを話してくれますが、そんな君のメモリー誰も期待してないから

この洞窟はパズル要素の入ったダンジョンで構造も難しいですが、落とし穴の先に地図の入った宝箱があるので、それをヒントに進むといいでしょう。最後のパズルはちょっと難しいかもしれませんが、上を見て、そこから進むんですよ。つまり石像を動かして…あーして…こーするだけ(自主規制)。

目的の宝箱を開けると、ボス:トラップボックスが出てきます。火に弱いので、火炎斬りを多用すると楽チン。

馬車を返してもらったら、情報屋から話を聞いてポルトリンクに向かいます。オデリン(仮名)たちの旅はまだまだ続く…。