ドラクエ8冒険日記8/ポルトリンク~トロデーン

L1ボタンを押しても自動的に走らないじゃないかヽ(`Д´)ノとお嘆きの全国400万のドラクエファンの皆様、こんにちは。家の会社のタバコ部屋では仕事じゃなくてドラクエ談義に華が咲いているらしいので、タバコは吸わないけれど、今度混じってみようと思っているオデリン(仮名)です。今日もがんばって旅を続けます。

ポルトリンクから西に岸壁沿いを進むと、やがて丘の頂上に宿屋が見えてきました。見晴らしのよい崖には人が集まっていて、何やら遠くを指差しています。商人が指差す方を見てみると荒地の中に何やら人が作ったような構造物が見えます。あれが、探し物の古代の船のようです。

宿で体を休めて、さらに荒地を進むと古代の船に到着しました。かつては海であったところに放置されたままらしい船。けれど今海岸線は遥か遠く。とてもこの船を運べそうにありません。トロデーン城の図書館に「古代の船」に関する記述があったとトロデが言うので、次の目的地はトロデーン城に向かうことになりました。

目的地が決まったのはいいものの、誰もトロデーンへの道順を教えてくれません。仲間に聞いても教えてくれません。なんて薄情なんでしょう。敵討ちで集まった仲なんてこんなものなんです(つд・)

仕方が無いので、地図を念入りに見ていると北のほうに洞窟を見つけました。さらに少し北にももう一つ洞窟がある。山の抜け道のようです。さっそく進路を北に向け、高台の教会で一泊した後、トロデーン城に到着しました。

トロデーン城は地図を見てもとても分かりにくい構造になっていて、まるで迷わすために作ったかのようなとっても住みにくそうなところです。こういうところはとにかく奥に向かうように移動するに限ります。

城内をうろついているとはぐれメタルに遭遇。覚えたての「メタル斬り」を使って退治しましたが、意外と逃げずに戦ってくれるので、ここはいい経験地稼ぎが出来そうな雰囲気。

城内の最深部の図書館につくと、今度は月影のハープなる道具を取ってくるように言われます。ここもノーヒントなので、こういうときは困ったときの「仲間コマンド」!(ドラえもん風)。教えてもらった人物の元に向かい、ビンゴ!かt思ったら、まだお預けみたい。ハープは盗まれてしまっていたんです!

そんなこんなでハープを取り返したわけですが、ハープで引いた曲が「呪い」の効果音だったり、演奏をアンコールしたら、キラー・スコップがうらめしそうな目でこっちを見ていたのがイイですね。あの髪型にはかなり白けましたが。

古代の船はどこにいった、という感じですが、やっとハープをもってトロデーン城に戻ると、今度は夜じゃないとダメだったんですねorz。わざわざ外に出て夜を待つ羽目になりました。そんなこんなで船を手に入れたオデリン(仮名)の旅はまだまだ続きます…。

フォームは コメントしてほしそうに こちらを見ている……!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください