FFTA2クリア後の感想

発売日前日からちょこちょこやっていたFFTA2ですが、なかなかのボリュームでようやっとメインクエストをクリアしました。イヴァリースアライアンス作品だけでなく、最近のスクエニ作品の新作で見ても、良作の部類だとおもいます(FF12RWなんて…なんて…)

[シナリオ]

主人公のルッソがあまりにもポジティブの性格なため、前半は比較的シナリオの盛り上がりに欠けるのですが、後半はシナリオの破綻がないのはもちろんのこと、仲間たちとの絆や現実に戻るルッソとの別れの辛さがじわりと心に染みました。

[音楽]

結局ラストまで新曲の割合は6割くらいでした。ただ新曲のクオリティは高く、いい曲揃い。かなり満足できました。

[バトル]

ラストバトルを除いてかなりぬるく、サブクエストをこなしてアビリティを増やしていけばそれほど苦労せずにクリアできました。が、ラストバトル……。以下ネタバレ注意!。

ラストバトル時点で平均レベル35、トップはルッソの42に対して、ボスのレベルは一回戦47、二回戦51。一回戦が特に酷く、敵はボスとボスに近づくにつれてベヒーモス4体、アーリマンとラミアが1匹ずつ出てくるようになっていて、まともに進むと最低でもラミアとボスは同時に相手をする必要があります。ボスはHPが半分以下になるとシェイオルという魔法でボスチーム全員にヘイストとリジェネ、こちらチーム全員にスロウとドンムブを100%かける上に、接近すれば時空剣で強スロウ、次元剣でストップしてくるため、みるみるうちにHPを回復し、一方的に攻撃してきます。こちらもそれなりに育っているので負けることはないのですが、いつまで経ってもボスのHPを削りきれません。おまけにボスが瀕死の状態で行動順が回ると「再生」で全回復してきます。はっきりいってこちらチームに全体攻撃してくる二戦目より質が悪かったです。

結局はHP消費魔法をつけたヴィエラ二人(リボン・バレッタでST異常を無効化する上に、ボスに近づくことなく攻撃できる)、スマイルの使える時魔道士(ヘイストとスマイルで攻撃回数アップ)、奥義・天雷の使えるルッソ&アデルに、回復役の詩人のハーディを投入して削りきりましたが…。レベルが上がればもうちょっと楽だったのかな?

フォームは コメントしてほしそうに こちらを見ている……!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください