Concert: ORCHESTRAL PIECES from LOST ODYSSEY and BLUE DRAGON

ノビヨコンサートの東京公演で当日券があるなんて!

ゲイツ presentes ORCHESTRAL PIECES from LOST ODYSSEY and BLUE DRAGON兼LOST ODYSSEY完成発表会@渋谷オーチャードホールに行ってきました。平日の17時半開場18時開演(コンサートは19時から)という日程のせいなのか、X-BOX 360で発表されて7万本のセールスしか記録していない不遇のタイトルのせいなのか、植松さんのオーケストラコンサート東京公演にしては珍しく当日券が売られていたみたいです。

オーチャードホール前

今回のチケットは7列目、ということでちょっと期待していたら、「本日の最前列は6列目です」ということでまたも2列目をゲットしてしまいました。しかもど真ん中です。いやむしろもう6列目なんて要らないだろと。(ちなみに1~5列目のスペースには報道関係者が陣取っていました)

奥さん、トヨエツですよ!

完成発表会は坂口さんによるLOST ODYEEYデモプレイ→坂口植松重松3氏による中年親父おでん屋台開発苦労話→声優陣の登場という流れ。声優には興味がなかったのでノーチェックだったのですが、主人公のカイムを豊川悦司、ヤンセンを豊原功補、サラを上原多香子がそれぞれ声をあてたそうで、サプライズゲストとして3人が登場しました。女子の皆さんは間近のトヨエツに感動していました(特にトヨエツの腰の高さが中年親父と段違いとかそういう鋭い指摘が…)。男子には良く分かりませんが、2列目でよかったです。はい。(あと、スターの3人と一緒に写真取られてるクリエイター3人がちょっと居心地悪そうでした…w)

後半第一部:ブルードラゴン

  1. 「水辺」
  2. 「嘆きの鐘~地鮫が来る!~危機のメドレー」
  3. 「大地を進め」
  4. 「洞窟」
  5. 「笑顔」
  6. 「剣聖師団」
  7. 「Blue Dragon Main Theme」

ブルードラゴンはもともとゲーム内で数多くの楽曲がオーケストラ演奏で収録されていて、今回もおおむねそのアレンジだったのですが、やっぱり生は迫力が違いますね。「地鮫が来る!」なんて地面が揺れているかとおもうくらい低音が聞いていました。(…が「洞窟」、「笑顔」あたりで意識を失ったのは内緒…)

後半第二部:ロストオデッセイ

  1. 「メインテーマ」
  2. 「戦場」
  3. 「暗闇の放浪者」
  4. 「大航海」
  5. 「強敵出現!」
  6. 「Eclipse of Time」
  7. 「What You Are」

ロストオデッセイは発売前のため、聞いたことがあったのはメインテーマくらいだったのですが、この曲がまたいい!(公式サイトで視聴してみてください)この曲はゲーム中、さまざまな形でアレンジされているようなので、それを聞けるだけでもいいとおもうくらいです。…ですが、やはり初めて聞く曲でオーケストラは辛かったです……。「Eclipse of Time」と「What You Are」はボーカル曲だったのですが、初めてボーカル曲で意識が飛びました…。えへ(*’-‘)

アンコール

アンコールは予想通り「水辺~ピアノとオーケストラのための~」でした。これが聞きたかったので満足です。

今日の収穫物

正直なところ、会場に来ていた人でもブルードラゴンをプレイしたという人は少なかったのではないでしょうか?X-BOX 360自体もまだまだ高いので、植松さんの楽曲が聴けるからというだけでハードとソフトを買って、というのは敷居が高いとはおもうのですが、正直いってファイナルファンタジーの頃以上の植松さんの曲に出会うことができます。今日のオーケストラの曲はブルードラゴン楽曲の面白みのほんの一部に過ぎません。イアン=ギランの歌うロックや、「古代人復活」「封印解放」にこそFFにはなかった、というより他のどの音楽を探しても存在しない面白さを感じられるとおもいます。ゲーム自体も非常おに良作です。昔ながらを感じつつ新しい、安心して遊べる一作です(えー、フリーズしなければ……)。ブルードラゴンとロストオデッセイ、この名作を遊ばないのはもったいないですよ!(頼むからロストオデッセイはフリーズしないでね…)

フォームは コメントしてほしそうに こちらを見ている……!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください