この道わが旅:鹿児島〜仙巌園〜溝辺

桜島を眺めて

そんなこんなで WordVolcano のために鹿児島にやってきた僕。当然観光するっきゃないでしょう。というか、むしろこっちが本番。

海老庵さん、西村さんに案内していただいて、鹿児島を満喫してきました!

ぼくは今日の観光に備えてばっちり早寝しましたが、他のみんなは夜遅くまでカラオケでどんちゃん騒ぎをしていたとのこと。

朝の集合時間に間に合わないのではないか、ということが大変懸念されておりましたが、なんと見事にみんな時間前に集合。さすがです。ただし、確認さん以外は。

組長

もういい、確認さんは置いていこう、ということになり出発です。

めぐみ〜ず

ちゃんと乗車人数通りなのに、ものすごく圧迫感のある西村さんのフォルクスワーゲン…。

仙巌園を訪れて

さっそくクーラーが効かなくなったということでオープンカーにチェンジ。

本日の第一の目的地はここ、仙巌園。

桜島を築山に、錦江湾を池に見立てた雄大な借景庭園で、江戸時代に島津光久によって築庭されました。もちろん、今調べました。 桜島を一番きれいな姿で見たい!というぼくのリクエストに答えて下さった場所です。

仙巌園を訪れて

ご満悦のスター

磯工芸館

これは併設されている磯工芸館。ここには行かず、今日はひたすら庭です!

島津家大鎧

島津家大鎧。しかし今日は庭だ、庭が見たい!

鉄製150ポンド砲・反射炉跡

鉄製の150ポンド砲です。しかし今日は庭(ry

反射炉跡

反射炉跡。江戸時代にはここに反射炉が建っていて、鉄の精錬が行われていたのでしょう。

しかしいまは庭…じゃなくて兵どもが夢の跡。残っているのは基礎部分で、反射炉はありません。

仙巌園

謎の鳥居。何が祀られているのかは書いて有りませんでしたが、右上のほうに写っちゃいけないものが写っています(嘘

仙巌園 丸十家紋

丸に十の字で島津家の家紋だそうです。

知らないの?と言われたのですが、すいません。歴史は大好きだったのですが、葵の御紋以外はあまり区別がつきませんorz

島津家は変化朝顔(アサガオの突然変異)とも縁が深いようで、様々な変化朝顔が展示されていました。

朝顔 朝顔 朝顔 朝顔 朝顔 朝顔

ぼくはこの最後の小豆色のが好きですね〜。いい色に見えませんか?

正門

立派な正門。海老庵さんたちの大きさと比較すると、かなり大きなものであることがわかりますね。

仙巌園

お庭に回ると、大きな松の木が見えてきました。

松の木 磯御殿

こちらが磯御殿。殿様も眺めたという、桜島を築山に、錦江湾を池に見立てた雄大な風景がこちら…!

殿様も眺めた?桜島

……って松の木邪魔すぎーーーーーーーー!!! 桜島にもろかぶりです。

桜島

少し横にそれるとこんな感じ。残念なことに雲をかぶってしまっていますが、桜島の雄大さが伝わるでしょうか。

シオカラトンボ? 磯御殿

磯御殿のなかにも朝顔が。エアコンはなくてもとっても涼しげですね。 しばらくお庭を回ります。

仙巌園 仙巌園 千尋巌

中国式庭園で見られるような磨崖文字が掘られています。「千尋の巖」だそうで。

磯御殿 仙巌園 仙巌園 仙巌園 桜島を眺めて

別のアングルからも桜島を眺めることができました。

仙巌園 孟宗竹

江南竹林。孟宗竹がいっぱい。

仙巌園 猫神神社

ここは猫神神社。猫好きな人はお参りしておくとご利益があるワン。

猫様にご利益がありますように

猫神神社のお守りを買ってご満悦の海老庵さん。

沢蟹 ジャコウアゲハ…? 赤とんぼ 小さな訪問者 筆塚 錦江湾 桜島を眺めて

開けた所からまた桜島が。しかーし、やっぱりあの松の木邪魔(笑)

webnist さん & banjo さん

仙巌園に入らずに待っていた webnist さんたちは暑そうです(笑)

さぁ、続いて向かったのはおじさんたち垂涎のチェコビール。 バレル・バレー プラハ&GENです。

そして、このチェコ村は空港にとても近い、ということでまさかの確認さんが合流しました。

バレル・バレー プラハ&GEN バレル・バレー プラハ&GEN バレル・バレー プラハ&GEN

焼酎の酵母を作られている会社がチェコビール園も営業しているのだそう。

バレル・バレー プラハ&GEN

おぢさんたちはここが本番、ブルワリー!

チェコ攻略部隊

お庭も素敵です。

バレル・バレー プラハ&GEN バレル・バレー プラハ&GEN 限定ビア

さっそくみんなが頼んだのがこの、限定ビア。

幸せそうな三好さん

香りを満喫するスター。

天使の止まり木

ぼくはこの「天使の止まり木」を注文しました。

お風呂上りか!

乾杯と同時に杯が乾きそうな webnist さん。

注文した料理も届き始めました。

ピザ

魚介のピッツァ。

スープ

酸味のあるチーズの入ったスープ。

チーズカツレツ

チェコ風チキンカツレツ。

「パンとライスのどちらになさいますか?」と聞かれたので、「パンはチェコ的にスペシャルですか?」と質問に質問で返すと、「特にスペシャルではありません…」だそうで、普通にライスでいただきました。

そして、そして、骨付きソーセージ。

ソーセージ

ソーセージ

ソーセージを頬張る西村さん

ソーセージを頬張る西村さん

ソーセージを頬張る西村さん

ソーセージを頬張る西村さん。スライドに使われる方々はぜひこの写真を!w

バレル・バレー プラハ&GEN

ごちそうさまでした!

おみやげを探しながら、バレル・バレーの中を散策。

バレル・バレー プラハ&GEN

バレル・バレー プラハ&GEN

バレル・バレー プラハ&GEN

バレル・バレー プラハ&GEN

バレル・バレー プラハ&GEN

バレル・バレー プラハ&GEN

バレル・バレー プラハ&GEN

バレル・バレー プラハ&GEN

バレル・バレー プラハ&GEN

バレル・バレー プラハ&GEN

しっかり確認!

さらば!

今日鹿児島を発つ人たちの飛行機の時間も近づき、バレル・バレーを後に。

仲間たちとの別れ

鹿児島空港にて、解散!また会う日まで!

ぼくはしょうさんご夫妻に乗せてもらって宮崎へと向かいました。

るるぶ鹿児島 指宿 霧島 桜島’12 (国内シリーズ) ことりっぷ屋久島・鹿児島・霧島 (ことりっぷ国内版)

2 thoughts on “この道わが旅:鹿児島〜仙巌園〜溝辺

フォームは コメントしてほしそうに こちらを見ている……!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください