Siri で遊んでみた

Siri

Siri といえば蹴ったり撫でたりするアレじゃなくて、もちろん iPhone 4S で使える音声認識クライアントのほう。それも単に音声で iPhone を操作できるというレベルではなく、まるでコンシェルジュか秘書のように立ちまわってくれるとか。

真相を確かめるべく、さっそく Siri にいろいろ話しかけて遊んで見ました。

名前や求婚に反応すると聞いたので、まずはお遊びから。

※なお、Siri はまだ日本語には対応していないので、以下のやり取りは全て意図的に英語で iPhone に話しかけています。英語は”英語(アメリカ合衆国)”を選択しました。

What is your name

“What is your name” (お名前なーに?)には、My name is Siri. But you knew that already.(名前は Siri よ。でももう知ってるでしょ?)だってさ。ツンデレ!

“Do you marry me” (おまいは俺の嫁!※誤訳) には、Let’s just be friends, OK? (お友達でいましょう、いいわね?)とツレナイお返事。

冗談はさておき、いよいよ本題。

What restaurant do you recommend

“What restaurant do you recommend”(おすすめのレストランおしえて?)と聞いてみると…

I don’t know where you are, おでっせい. But you can help me find out… (あなたがどこにいるか分からないわ。でも見つけ出せるよう手伝ってね)

In Location Services Settings, turn out both ‘Location Services’ and ‘Siri’.(位置情報サービス設定で、’位置情報サービス’と’Siri’の両方をオンにしてね)

と位置情報サービス設定に誘導してくれました。Siri で位置情報サービスへのアクセスを有効にして、もう一度レストランのことを聞いてみると…

I can\'t look for restaurants in Japan.

Sorry おでっせい、I can’t look for restaurants in Japan. (ごめんなさい、日本のレストランは見つけられないわ)、とのこと。

いやー、おしいなぁ。これができたら結構便利だと思うんだけど。

次は、メールと確認。メールが送れるらしい、ということはわかっていたので、Evernote にアップロードできるアドレスを使ってメモを送ってみようと思います。

Send email to Evernote

“Send email to Evernote” (Evernote にメール送って)

What’s the Subject of your email?(メールの件名は何?)

“Memo”(メモ、で)

What would you like your email to say?(メールでなんて言いたいの?)

“http://www.google.com/” (http://www.google.com/ で)

…というやり取りをしたのが上記の通り。宛先や件名はよかったのですが、本文の URL はひどいことになってますね…。当然ながら Siri はまだ日本語に対応していないので、メール本文も英語にせざるを得ません。

次は音楽いってみましょう。

“Music Play!”と叫んでみたところ…

Play Music, next and skip

“Music great” と認識されました。えーーーー(´・ω・`)

それでもちゃんと全曲再生をはじめる Siri。

“Next” というと、次の曲へ。

“Skip” というと次の曲へ。

“Previous” と言ったら、”Phineas” と受け取られました…。

Previous

再度挑戦!

今度はちゃんと “Previous” が認識され、前の曲が再生されました。

さらに実験。

“Music” だけでも全曲再生されるようです。

Stop Music

そして “Stop music” といえば、再生が止まりました。

Volume up

“Play” で再生再開。

じゃあ、”Volume up” (ボリューム上げて)はどうだ?

と思ったら、”Volume up” は分からないそうです。残念…(´・ω・`)

ここまでの実験では全曲再生してしまっています。

じゃあアーティスト名とかはどうか?ということで、”Play Lady Gaga” と呼びかけて見ました。

Play Lady Gaga

すると、”Great Lady Gaga” と認識する Siri。違うよ、Siri。Gaga が偉大なのは知ってるよ…。曲かけてくれよ…。

もう一度”Play Lady Gaga” と呼びかけると、今度は成功!無事、Lady Gaga の曲がかかりました。

もちろん、任意の曲名でもきちんと認識されれば、その曲がかかります。

最後にリマインダーに登録をしてみます。

リマインダーに登録

“On November 3rd, remind me to buy 3DS Software.” (11月3日に 3DS ソフトを買うように思い出させて)と散々がんばったのですが、 ぼくの発音が悪いのか、どうがんばっても”3rd”を認識してくれません。

November 3 にしたら認識してくれたので、とりあえずこれでよし。

日本人が苦手とする、L と R、B と V、th の発音あたりで尽く失敗しますね…。もっと英語勉強しなくちゃと思いつつ、これネイティブの人ならちゃんと認識するんでしょうか?同じ発音しててもその時によって認識結果が違ったりしますし、続けて発音するときちんと認識しなかったりもするので、アメリカの若者がまくし立てて喋ったら認識しない気もします。

ただ、日本語で iPhone に話しかけるのって結構恥ずかしいので、命令部分は英語のほうがいいかも。そのほうがカッコいいしね。

このあたりで実験終了!ではまたね~( ・`ω・´)ノシ

フォームは コメントしてほしそうに こちらを見ている……!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください