WordCamp Fukuoka 2010 に参加しました / スライド公開「Duotone の子テーマを作ろう、そうしよう 」

先月27日に福岡にて開催された、WordCamp Fukuoka 2010 に参加してきました。東京の2回と京都で1回の WordCamp は実行委員会メンバーがある程度かぶっていますが、今回は福岡コミュニティを中心とするメンバーによる開催で、福岡のパワーを感じましたね。

微力ながら、ぼくもトリのスピーカーをつとめさせてもらいました。その時のプレゼンを公開します。

プレゼンの中で作った子テーマについても、この文章らへんのスペースで公開する予定です。ただいま、公開用に調整をしていますので、もうしばらくお待ちください。

スタッフも合わせると200人を超える来場者があったという話ですが、こんなに多くの人の前で話をするのは、学生時代に市民会館で青年の主張の作文を読み上げたとき以来のような気がします。

ぼくの中では、プレゼンの練習をさせていただいているようなもので、ものすごく申し訳ない気分でいっぱいですが、年度末の繁忙期の中一生懸命作ったプレゼンです。一人でも多くの人の心に残れば、と思います。

みなさんのプレゼンで心に残ったのは、

  • 日本人の作るテーマはキュートなので、もっともっと公開するべき(Ned さん)
  • 自分の失敗談から正解を述べるプレゼンがわかりやすかった(YUKIさん)
  • ウェブの常識に囚われず、コンテンツにあったデザインを採用するべき(Noël さん)
  • LT の megane9988 さんにオイシイところを全部持っていかれた

こんなところかな。

福岡で見て良かったところも、もっとよくできそうなところも持ち帰ってきましたので、WordCamp Yokohama 2010 に活かそうと思っています。ということで、WordCamp Fukuoka には負けませんよ(笑)

WordCamp Fukuoka 2010 に参加しました / スライド公開「Duotone の子テーマを作ろう、そうしよう 」” への5件のコメント

フォームは コメントしてほしそうに こちらを見ている……!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください