十六夜の月

十六夜の月

昨日は中秋の名月で十五夜だったわけですが、満月ではなかったようです。なんだか難しい話ですが、月齢の関係で満月と十五夜がずれてしまうこともあるんだそうです。

中秋の名月というのは『一年で最も月が奇麗に見える日』のことだそうで、そんな日が満月ではないなんて、なんとも残念…ではあるのですが、一日くらいずれたって綺麗に見えるだろうと、十六夜の満月をリベンジ撮影しにいってきました。

十六夜の月

カメラにまかせると電灯のように明るくなってしまうことが昨日わかりました(--; そこで、1/160くらいまでシャッタースピードを早めると月面の模様まで奇麗に写せました。おかげで三脚いらず。

なお、今日も相方のカメラを借りました(・-・;)


フォームは コメントしてほしそうに こちらを見ている……!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。