この道我が旅:英国探訪

梅雨の日本を離れて、イギリスを旅してきました。

成田空港には前日入りしたのですが、空港につくまでが障害につぐ障害。バスは遅れて来ないし、電車は緊急停止するし、秋葉原では通り魔が出るし(関係ない)、いろいろ忘れ物をするし(これも関係ない)。

ホテルには時間課金のインターネットもあるにはあったのですが、特に暇もつぶせず10時半には就寝…。寝むれん…。

12時になっても2時になっても寝むれん…。遠足前夜の幼稚園児よろしく興奮して眠れませんでしたOrz

深夜の成田空港

9日は朝から空港へ。

事前にANAのサイトでeチェックインまで済ませておいたのですが、荷物を預けるために結局チェックインの長い長い列に並ぶはめに。

だいたいさー、今まで海外に機内持込荷物だけで行った人が一人でもいたのでしょうか?普通、荷物を預けるから絶対ここで並ぶわけで、せめてeチェックイン済の人と未チェックインの人の列を分けないとeチェックインの利点が活かせないと思いますねー。

Deepsky

東京-ロンドン・ヒースロー空港までのフライトは出発時刻11時半、到着時刻16時半でこれは日本時間の23時半です。

仮に飯食って20時に寝たとすると日本時間27時(午前3時)。もはや何時だかよく分かりませんが、。飛行機の中では寝ないほうがよさそうだと判断しました。

幸い機内では、自分の席で好きな時間に映画を見ることができます。

ANAの機内エンターテイメント

このとき見た映画の話はまたの機会にして空の写真をお楽しみください。

ストックホルム上空

ロンドン上空

ほぼ定刻通りにヒースロー空港に到着。さっそく英語の洗礼を受けつつ、ヒースロー滞在2時間にして、COACH(バス)でBirminghamに向かいます。すでに時刻19:00(3:00JST)。

コーチからの風景

バスに乗るとすぐにこんなだだっ広い平原やだだっ広い森か、だだっ広い農場が続いています。次の町までの間にはかなり空間があって、アリアハンからレーベまで町も家もないのもうなづける風景です。

ヒルトンからの眺め。この明るさで22時。

バーミンガムにつくと恐るべきことが明らかに!話し掛けられても、あまりのバーミンガム訛りで英語にすら聞こえねぇ…Orz 質問しても相手がなんて答えてるのかわからねぇ…Orz

ホテルにつくとさらに恐るべき状況に!

シングルの部屋のはずがなぜかスイート。注:一人で使います。

余分な一部屋。注:一人で使います

流しも二つ!!注:風呂とトイレはさすがに一つずつでした

4 thoughts on “この道我が旅:英国探訪

  1. Wベッドステキですねー。いいなぁ。
    グリーンとレッドのクッションで燃えそう。
    いつか行けるかなぁ…

    (クッキーはWクリック型だった)

  2. >みなみさん
    枕投げ燃えますね!(まて

    イギリスいいですよ~。
    でもいくときは即席ご飯とインスタント味噌汁と梅干を持っていくのをオススメします(笑)

  3. お!やっと見れた!
    もしかして、この二三日サーバーが込んでました?何度アクセスしても見れなかったんで、このブログ。

    >>だいたいさー、今まで海外に機内持込荷物だけで行った人が一人でもいたのでしょうか?

    いますよー、我がパートナーがそれ(笑)
    ボストンバックひとつで旅する人…私にゃあ、できません(笑)

  4. >endunhamさん
    なんかここ数日調子が悪いみたいですー。
    とくにコメントが…。

    ボストンバック一つなんてすごすぎ!
    着替えとかどうしてるんでしょう。
    ぼく今回もだいぶ削ったんですけど、それでもなかなか入らず。。。

フォームは コメントしてほしそうに こちらを見ている……!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください