[映画] UDON


UDON香川県の山のふもと、池のほとりにある松井製麺所。その息子の香助(ユースケ・サンタマリア)はニューヨークでコメディアンを目指して挫折、借金を作って日本に帰ってきます。香川県にある小さなタウン情報誌「TJ Sanuki」に勤める宮川恭子(小西真奈美)。小説家志望の恭子は持ち前の方向音痴でこの会社に入社してしまいました。

この物語はそんな彼と彼女とうどんの物語です。

この物語には熱血警察官 ((踊る大走査線は本広監督作品です。))も、海上保安官も ((海猿はROBOTの作品です。))も出てきません。そういう意味で派手さはありません。ご都合主義だと評する人もいるかもしれません。が、少なくともこの映画を見ると

お腹が空きます。そして元気が出てきます。

この映画の見所はあちこちに出てくる本広作品の常連出演者 ((寺島進、石井正則などなど。意外な人が普通に住民として溶け込んでいますのでぜひ探してみてください。))と、MatrixへのオマージュであろうCGパート、そして香川県の雄大な自然と町並みです。

CGパートはクリエイターたちが楽しんでこの作品を作っているのが特に伝わってくるところです。もうやりすぎっていうくらい。

ぜひご賞味あれ。冷えてもウマイです。


“[映画] UDON” への1件のコメント

  1. UDON…

    今日は緊張の走る打ち合わせが無事終わってホっとした後、観て来ましたUDON!小西真奈美とユースケサンタマリアのボケっぷりが楽しいです。キャストも豪華で好きな人ばかり。序 (more…)

M’s Life へ返信する コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。