あぶくま洞探索

あぶくま洞探索

前回の続きより。磐越自動車道で喜多方まで来た私たち。

お馬さん喜多方の町では、観光客向けの乗り物として、お馬さんが闊歩しています。お馬さんが通るたびに渋滞を引き起こしているのですが、時間の流れがゆったりした町なので、誰も気にしていません。今回は車で行ったので乗ることができず残念。

あぶくま洞入り口次にどこへ行こうかという話になって、コンビニの観光情報誌(立ち読み)で日本最大の鍾乳洞「あぶくま洞」を発見。情報誌の写真と記事にすっかり魅せられて、車をぶっ飛ばしてやってきました。写真の黒いのが発見当時の入り口。われわれが入るのは別のところからです。

さわやかトイレどのあたりがさわやかなのでしょうか。

あぶくま洞内部いよいよ探検開始!洞内はライトアップされていてとても綺麗です。ここからは暗いのでがんばれP901。

あぶくま洞内部洞内には高さ30m以上の大空間もあります。なんというかもう圧巻。中の気温は一年中ずっと14~15度で、いまの季節だと中のほうが暖かいくらい。

あぶくま洞内部入場料は1200円で、さらに探検コースに200円取られるのですが、入場料の価値あり!です。探検コースはかなりハードなのでハイヒール&スカートはちょこっと辛いかもしれません。ハイヒール&スカートなメンバーもいたんですけど。


フォームは コメントしてほしそうに こちらを見ている……!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。