ニンテンドー 3DS が壊れたので任天堂に修理を依頼してみた

任天堂から帰ってきた3DS

ニンテンドー 3DS の L ボタンが効かなくなってきてしまいました。

モンスターハンター 3G をプレイしていた頃に酷使し過ぎたせいである気もしますが、これは困りました。これでは今ハマっているすれ違いシューティングはおろか、来るべきモンスターハンター4でまともに狩りができません。

これはどげんかせんといかんと、生まれて初めて任天堂に修理を依頼してみました。

任天堂の修理というと、子供が貼ったシールを綺麗に剥がして元通りにしてくれただの、無料で修理してくれただの、京都の任天堂本社の屋上から落下試験しているので壊れるはずがない、などディズニーランドばりにまことしやかな伝説が伝えられていますが、今回ぼくが受けた対応は任天堂なりのマニュアルに則って、しごく平等な対応を受けました。

はい、4200円の有償修理。伝説は始まりませんでした。

修理の依頼方法

基本的に電話するものだろう、と思って任天堂に電話してみたのですが、症状を話したところ、インターネットに接続できる環境はありますか?と聞かれ、任天堂のホームページを案内されました。

修理のご案内:オンライン修理受付

任天堂ホームページ:修理のご案内

依頼はオンライン修理受付から。依頼から受取りまでは、おおまかに以下のような流れとなっていました。

  1. メールアドレスを登録する
  2. 送られてきたメールから「お客さま情報」および「修理依頼情報」を登録する
  3. 修理品を発送する
  4. 修理受付の連絡が来る
  5. 修理が終わるのをじっと待つ
  6. 修理完了の連絡が来る
  7. 発送の連絡が来る
  8. 到着をじっと待つ

メールアドレスや情報の登録で特段難しいところがあるわけではありませんが、メールアドレスの登録のリンクテキストが「こちら」で、アンカーも小さいのでリンクを貼っておきます。こちらです(笑)

任天堂ホームページ:サポート情報 – オンライン修理受付

しばらくすると、support@nintendo.co.jp から「任天堂オンライン修理システムからのお知らせ」というタイトルで、以下のようなメールが届きました。

任天堂サービスセンターです。

メールアドレス登録を受け付けました。以下のURLをクリックしていただき、お客様情報、修理品情報の入力をお願いいたします。

https://secure2.nintendo.co.jp/cgi-bin/repair/entry.cgi?Email=yourmailaddress@example.com&WebNo=**************&mode=auth

※上記URLはメール送信日より3日間有効となります。
※有効期間を過ぎた場合、お手数ですが再度お申し込みください。

メールに書かれた URL にて情報を入力します。もともとニンテンドー3DS の保証書には修理依頼書がついており、電話で案内を受けた際にすでに名前や住所、具体的な故障の症状を紙に記入していたので、激しく重複するのですが仕方がありません。

なお、先にも書いた通り購入から1年以内の保証期間を過ぎている場合でかつリコール対象ではない修理の依頼の場合には、ばっちりしっかり修理費用がかかりますので、修理費用が指定額を超えた場合に連絡が来るように設定することも可能です。

さすがに1万円超えると新しく購入するのと変わらないので、1万円と指定しておきました。

入力が完了すると、

おでっせい(仮) 様

弊社製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
任天堂株式会社サービスセンターでございます。
修理のお申し込みを受付いたしました。
修理依頼品の発送をお願いいたします。
お客様の修理お申し込み番号は ***** ***** ***** となります。
今後、この番号は見積り確認の際に必要となりますので、このメールを消去されないようお願いいたします。

というメールが届き、もう修理依頼品を送ってしまって大丈夫です。ニンテンドー DS シリーズ(たぶん 3DS も)であれば、専用修理品発送キットという箱を送ってもらうこともできるのですが、ぼくは 3DS を気泡緩衝材(いわゆるプチプチ)でぐるっと包んで、Amazon の箱にテープで留めてコンビニから宅配しました。

任天堂が修理を受付すると(修理依頼品が到着すると、ではない!)

 弊社製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
任天堂株式会社サービスセンターでございます。
2013年08月08日、お客様からお預かりいたしました修理品の受付処理をいたしました。今後、故障内容を検証させていただき、ご指定されました見積もり金額を超える場合は、メールにて連絡させていただきますので、し
ばらくお待ちいただきますようお願いいたします。

このようにメールが届きます。発送したのは4日で、宅配便の荷物追跡で6日に京都の任天堂に到着したのは確認していたのですが、修理依頼が立て込んでいたのか、受付されたのは8日でした。

これは結構待たされるかな、と心配していたのですが、翌日9日

弊社製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
任天堂株式会社サービスセンターでございます。
お預かりしておりました修理品でございますが、2013年08月09日にヤマト運輸様の宅配便で発送いたしました。
ヤマト運輸様宅配便伝票番号は****-****-****になります。
なお、修理代金は、税込4,200円となります。
コレクト便(代金引換便)で発送いたしましたので、お荷物をお受け取りの際に現金でお支払いいただきますようお願いいたします。

今後とも弊社製品のご愛用のほど、よろしくお願い申し上げます。

というメールが届き、翌日10日のお昼にはヤマト運輸が届けてくれました。時間にして6日です。かなり早いですね。

修理された 3DS

SD カードは挿したまま送って下さい、と言われたのでそのまま送ったのですが、そういえばストラップを外すの忘れてました。SD カードもストラップも丁寧に梱包してくれていました。

修理報告書によると、L ボタンが動作しない、という症状はきちんと確認してもらえて、LR ボタンのついた部分とフロントパネル基板(ABXY ボタン類がついた部品)の2つが交換されており、戻ってきたらボタンが全部新しくなりました。モンハンも、これで勝つる!

任天堂さん、お世話になりました。もう壊れないといいな……。

 

フォームは コメントしてほしそうに こちらを見ている……!