映画『トロン:レガシー』感想 これはディズニーが作ったスター・ウォーズだ!

Tron:legacy

映画『トロン:レガシー』を見てきました。前作にあたる『トロン』はレンタルで見たことがあるはずなんですが…これがさっぱり覚えておらず。

wokamoto さんが「ストーリーとか、どうでも良いんで、豪華なダフトパンクのPVだと思って見ると最高だよ!」というのでしっかり騙されて安心してみてきました。

これはディズニーが作ったスター・ウォーズだ

前作の主人公の息子サムが異世界に迷いこんで…という SF では王道のパターン。最初はマトリックスのオマージュかな?と思っていたら、スター・ウォーズのオマージュが続々登場。

父と子の関係、ライト・ファイター(戦闘機)での銃撃戦シーンとその台詞(まさにファルコン号のハン・ソロとルークじゃないか!)、ラストのポータルで○○○が××を助けるところ(ネタバレなので書けません!)まで、まさに。まさに。これはディズニーが作ったスター・ウォーズだ!

ダフト・パンクのサウンドに酔いしれる

全編にわたって、ダフト・パンクが作曲したデジタルとオーケストラが融合した豪華なサウンドが流れてます。でも欲を言えば、もっと長く、もっと大きな音で、できたらキックで劇場自体が揺れるくらいに聞きたかった。

もうダンスホールかってくらいに。

だって、自宅でブルーレイで楽しもうにも、家に地響きが鳴り響くくらいにはボリュームあげられないじゃないですか?(近所迷惑です。やめましょう。)

元ファミコン少年/少女のあなたに

これは良質のエンターテインメント。あれはおかしい、ここはおかしいと言ってはいけません。

タイヤはまっすぐなのに、なんでクオラはハンドルを左右に動かすんだ?とか、なんでアイソーがこの世界に存在出来るんだ?とか、そういうことはこの際なし!

斬新な映像表現、青(正確には白に近い水色)と補色のオレンジ2色の色彩、最新のVFXによって表現された世界も、全編にわたってとてもレトロ。劇中の大事な場所であるゲームセンターにはバンダイやナムコのアーケードゲームが並んでいます。

ぼくと同じ時を過ごしてきた30-40代の元ファミコン少年(少女もうぇるかむ)にこそ、見てほしい映画です。

トロン:レガシー オリジナル・サウンドトラック

トロン:レガシー [DVD]

フォームは コメントしてほしそうに こちらを見ている……!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください