映画『THE LAST MESSAGE 海猿』

映画海猿シリーズの完結編になるらしい『THE LAST MESSAGE 海猿』を見てきました。

――日本と韓国の中間に位置し、政府の最重要施設にあたる巨大天然ガスプラント「レガリア」がドリル船と接触する事故が発生。そこに超大型台風が接近し、海上保安官の仙崎と服部、要救助者3名は孤立状態になってしまう――

ぼくにとっての映画『海猿』は、音楽と感動的な台詞で泣かせられて、あとは下川嵓(時任三郎)に萌え死ぬ映画です。が、しかし、本作の「何が何でも、絶対に戻って来い」は前作の「いっしょに空を見よう」には勝てませんでしたね…。

全体的に画面全体が揺れるシーンが多かったり、夜間雨天の灰色の空に同じく灰色のレガリアが映るコントラストの低さだったりで、これにさらに 3D 化に伴なう遠景と近景のボケが加わって醜いったらありゃしない。『ヒックとドラゴン』ではなかなかいいな、と思えた 3D ですが、やっぱり調整を間違うと映画を見辛くしてしまうだけですね。

仙崎のバディが吉岡から服部になったのなんで?吉岡でいいじゃん?って思ったら、吉岡にしちゃうと 前作『LIMIT OF LOVE』とまったく同じパターンだからですね、すいません、すいません。

本作には、一作目のライバル三島くん(海東健)も出てくるんですが、何しにでてきたの?っていうくらい、ほんのちょっと映る程度。台詞もなかったんじゃないでしょうか。

二重三重に危機に追い込むこのシリーズなので、もっと追い込まれるのかと思ったら、わりとあっさり救助されちゃったりなんかして。毎回涙腺崩壊させられるこのシリーズにしては、うrくらいで済んじゃいました。せっかくおっきなハンカチ持っていったのに!

あと主題歌ね。Journey の 『Open Arms』、伊藤由奈の『Precious』はとてもよかったんだけどな。別にエグザイルじゃなくてよかったんじゃないkn…うわまてなにをs

おでこんオススメーター:★★★★☆
大画面で見たほうが圧倒的なスケールで描かれるレガリアの迫力が伝わるでしょう。ただし見やすさ重視の人は 2D 版を選びましょう。

LIMIT OF LOVE 海猿 プレミアム・エディション [DVD] 海猿 [DVD] もっと強く(DVD付)

映画『THE LAST MESSAGE 海猿』” への1件のコメント

フォームは コメントしてほしそうに こちらを見ている……!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください