こんにちは、Windows 7 RC

こんにちは、Windows 7 RC

2月末から使っていたWindows 7 Betaですが、このほどRC版(リリース候補版)が出たそうなので、さっそくインストールしてみました。

ダウンロードは Windows 7 Release Candidate: Download instructions から

例によってダウンロードできるのはDVDのISOファイルなわけですが、焼かずに仮想ドライブにマウントしてGO!です。

インストール画面

このインストール画面で変わったのは背景の画像ですね。これが新しいWindows 7のログオン画面にもなるそうです。

開始しています

更新ファイル取得について

今回もインターネットに接続して最新のインストールの更新ファイルをダウンロードするかどうか聞いてきますので、これを選びました。ファイル数が多いのか結構時間食ってましたね。

更新プログラム取得中

同意画面

ファイルが集まったら、プログラムへの同意を求められます。そんなに気にすることはないと思いますが、クラッシュした場合などにマイクロソフトにそのときのスクリーンショットとメモリーのスナップショットを送信するようになっているので、クラッシュ時に個人情報やら企業秘密やらを表示・編集していると意図せずしてそれらが送信される場合もあるよ、ということらしいですね。

インストール方法選択

そしてbetaからのアップグレードなので、「アップグレード」を選択すると…「そのバージョンのWindowsからのアップグレードはサポートしていない」というメッセージが出て、Step-by-Step: Windows 7 Upgrade and Migration for Beta へのリンクが表示されました。

どうやら、windows 7 beta から windows 7 RCへのアップグレードはサポートしないみたいですね。製品版になってからも、Windows Vista 製品版からWindows 7 製品版のみをサポートするみたいです。

MSDNの開発ブログによれば、ISOファイルの中にあるcversion.iniファイルを書き換えてバージョンチェックを回避することで、無理やりBetaからアップグレードすることも可能みたいです。

ですが、まぁまっとうにいくなら一度Vistaにダウングレードしてから7にアップグレードしてくれ、ということのようで。それならとVistaのディスクを取り出してみたものの…

はて、ダウングレードってどうやってやるんだ?同じドライブをターゲットにインストールすればいいのかな?とやってみたところ、ファイルを根こそぎC:\Windows.oldフォルダに集められ、アプリケーションやドライバはまったく導入されていないWindows Vistaが出来上がってしまいました…orz AppDataもProgram FilesもDocumentsも残っているので失ったものはないはずなんですが(時間は?)、ものすごい脱力感です。

気を取り直して、仮想ドライブからWindows 7 RCディスクを起動。

windows 7 rc インストール中

ファイルのコピーが始まるとわりかしあっという間にWindows 7へ。

win7rc デスクトップ - ウェールズテーマ

今回から(もしかして前回から?)オンラインからダウンロードできるテーマが充実していて、

テーマ選択

こんな感じでダウンロードしてきて選べるようになっています。壁紙もかなりクオリティが高くていいですね。上の川の写真はウェールズのものです。

windows エクスペリエンス インデックス

さてBetaのときに散々な評価をされたWindows エクスペリエンス インデックス(パフォーマンス評価)ですが、今回はまずまずの結果になりました。実はAMDのWindows 7 beta用のCatalystドライバーを入れるまではゲーム用グラフィックスが4.5と最低だったのですが、導入によってこれが5.4まで改善し、最低はグラフィックス5.3になりました。Betaのとき3.9と酷い評価だったプライマリハードディスクも5.5になっていますね。なんだったんだろう。

デスクトップの右下に見えるウォーターマークプリント。ビルドは7100になりました。

…ん?

評価コピー。

評価コピー。」ってのはもう少しなんとかならなかったんでしょうか…。「モーニング娘。」みたいな…。

さて、次はWindows Virtual PC BetaとWindows XP Mode Betaを入れて遊んでみたいと思います。


フォームは コメントしてほしそうに こちらを見ている……!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。