[トラックバック歓迎] ユーザ(閲覧者/訪問者)は本当にタグを使っているのか

WordPressに限った話ではないけれど

WordPress 2.3でタクソノミー(タグ機能)が追加されて以来、タグ、タグ言うて、おでげぼののもタグクラウド、おりおあぷらどりもタグクラウド、チョッパーも杓子もタグクラウド(←これが言いたかったらしい)、といった感じでタグ花盛りですね。 ((あれ、ひろろNaoさんはタグ使ってない!?))

そんな感じなわけですが、MinamiさんにTwitterしたときふと気になりました。

はたして、ほんとうにユーザ(閲覧者あるいは訪問者あるいはビジター)ってタグ使ってくれてるの?タグクラウド表示やタグを付けてる意味ってあるの?投稿するたびに、せっせとタグ付けしてるのに、使ってくれてなければ意味ないんじゃ?

一度気になりだすと止まらないので、さっそく調べてみたよ。

アクセス解析といったらGoogle Analyticsだよね

カテゴリのような、記事がどういう分類に属しているかを示す指標、という使い方ももちろんあるわけですが、ここではタグURLやタグクラウドを使ってくれているかどうかに絞って分析してみます。

これはどちらも、タグURL(ex. http://example.jp/archives/tag/hogehoge/)にアクセスがあるかどうかで図ることができそうです。

さっそくGoogle Analyticsを使って、1ヶ月のおでげへのアクセスを分析してみました(※ログインユーザへはGoogle Analyticsの解析コードを読み込ませないようにしているので、以下のアクセス数に管理者である僕のアクセス数は含んでいません)。

先生、タグURLへのアクセスがありません!

2008年7月26日から8月25日までの、このサイトへの有効な総アクセス数(スパイダーやボットを除いたアクセス数)は15,581でした。なんだか、ちょっとどころかだいぶ減ってる気がしますが、まぁ更新ペースもだいぶ落ちてるのでしょうがないところでしょうか。

同様にタグURLへのアクセス数は143、カテゴリURLへのアクセス数は130しかありませんでした。

 Google Analytics 分析結果

グラフにすると、上の図のような感じ。

なんと、タグURLへのアクセス数は全体の0.9%しかないのでした!タグ機能、使われてないじゃん!(カテゴリもだけど)

タグ機能は不要なのだろうか?

Delicious Bookmarksでのタグによる分類は非常に重宝しているので、タグの有効性は理解しているつもりですし、そう何より自分のブログのユーザには自分自身も入っているはずです。自分用のメモ、とかしますしね。その際にタグは役立つかも。

だから、アクセスされてないことが、即タグ機能が不要というわけではないでしょう。

このブログのユーザはタグの意味を分かっていない、という可能性もあるかもしれません。普通のブログなので記事を読めればよくて、別の記事を求めることは少ないのかもしれません。はてブやニコ動のようなギークの利用者が多いサイトではある程度有効に機能しているのかもしれません。

しかし、しかし、残念ながらこのブログでは利用されていない、という事実に変わりはありません。

みんなのサイトはどうなの?

みなさんのサイトではどうでしょうか?利用されていないのは、おでげだけ、という可能性だってあるのかも。ぜひ、アクセス解析を使って、タグURLの利用度合を検証してみてください(アクセス数にBotやSpider、管理者自身を含めないようご注意ください)。

うちはタグへのアクセス多いよ!というサイトには、タグの利用を促すヒントがあるような気がします。何かしらの傾向を見つけられるかもしれません。

コメント・トラックバック歓迎します。ぜひ、この疑問に対するフィードバックをください。WP以外のCMSユーザさんからのご意見・検証もどしどしお待ちしています!